砂と見分けがつかないハゼ(ハゼの一種)

  撮影地:兵庫県明石市大倉海岸通 大蔵海岸
_DSC0326-Edit.jpg

  (2008/10/28 15:03:18, NIKON D200, シャッター優先, F5.7, 1/400sec, 0.0, ISO400, 60mm)

砂と見分けがつかないハゼ

ウニの仲間「タコノマクラ」が転がる海底に小さなハゼがいた。白、黒、茶のまだら模様が砂地とほとんど同じでうまく擬態できている。

なかなか目につかないもののこの付近にはハゼがそれこそ無数にいる。手で水の流れを作り砂を吹き飛ばすとそれに驚いてなのか、それとも舞い上がった餌を食べになのか一瞬でどこからともなくたくさんのハゼが現れる。写真の個体もそうして見つけたものだ。

ハゼ科 の写真



撮影日:2009/06/25
投稿日:2009/07/02


撮影日:2009/06/17
投稿日:2009/07/01


撮影日:2009/06/26
投稿日:2009/06/30


撮影日:2009/06/09
投稿日:2009/06/13


撮影日:2009/06/08
投稿日:2009/06/10


撮影日:2008/11/05
投稿日:2008/11/16


撮影日:2008/11/05
投稿日:2008/11/06


撮影日:2008/10/28
投稿日:2008/10/31


撮影日:2008/05/23
投稿日:2008/10/30


撮影日:2006/10/16
投稿日:2006/10/16


撮影日:2006/09/23
投稿日:2006/10/02


撮影日:2006/09/24
投稿日:2006/10/02


撮影日:2006/09/23
投稿日:2006/10/02


撮影日:2006/09/24
投稿日:2006/10/02


撮影日:2006/08/25
投稿日:2006/10/02


撮影日:2006/09/02
投稿日:2006/10/02


撮影日:2006/09/22
投稿日:2006/10/02


osakawan@gmail.com

カテゴリー