堤防に産みつけられた卵塊(ウミフクロウ)

  撮影地:兵庫県神戸市垂水区海岸通 アジュール舞子
_DSC5825.jpg

  (2009/06/12 13:37:17, NIKON D200, シャッター優先, F3, 1/400sec, 0.0, ISO500, 60mm)

堤防に産みつけられた卵塊

おそらくウミフクロウの卵塊だろう。白い円柱状の中に螺旋を描くように無数の卵が詰まった卵塊があった。同じような卵塊が複数あった。卵を産んだ個体が近くにいるはずだが発見できなかった。同じ卵塊は甲子園浜でも見たことがある。しかし残念ながらそのときにもウミフクロウの姿は確認できなかった。というよりも釣り上げられて堤防の上に捨てられた個体を除けば、私は生きているウミフクロウを見た記憶がない。多く生息しているはずなのだが。。。

ウミフクロウ科 の写真



撮影日:2009/06/12
投稿日:2009/06/16


osakawan@gmail.com

カテゴリー